OYAYUBI SEIJIN

Tomoyuki Shimura
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< フットサ〜ル | main | ラジオ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
ナマズ
友人takashinaより夕方メールがきた

するとナマズの写真

どーやらキャスティングの練習に行ってついでに釣っちまったらしい

どーせなら詳しく教えてみ、って返信したら返って来た

とっても詳しく

なのでそのまんま載せちゃいます

お、なんか菅原さんのブログみたい

なんちって〜 足元にもおよびません私です すいません


高階です

気持ちがクサクサしていたので14時半頃から多摩川右岸でキャスティングの練習へ。

※詳しい場所は京王稲田堤駅近くのダム(上河原堰堤)の300mほど上流。ここのダムは二ヶ領用水の取水堰としと有名でそれぞれ上下流は半年ほど前まで多摩川スーパー堤防の工場が行われ新ポイントとして期待されています。現に工場後は鯉釣り師でいつも賑わってます。

CA3A0368-0001.jpg

CA3A0366-0001.jpg

そんなポイントを尻目に私は黙々と練習。

狙うのは頭をちょこっと出してる沈みテトラ。ベイトタックルで9センチミノーを投げそれぞれの左脇、右脇をギリギリリトリーブする練習。仮想ターゲットはシーバス。バッチリ決まると非常に気持ちよくイヤなことを忘れます☆

20090418224430.jpg

時間を忘れて夢中になっているうちにいつしか時間は17:30。「ザフィッシング」と「釣りロマン」の時間に。帰ろうかと思ったのですがキャストがノってきたところなのでワンセグで視聴しながら練習継続(^w^)もはや釣り廃人(笑)

18:22「釣りロマン」が終わる頃いい感じのマズメになってきたので日没までの間、ちょこっとだけ実釣しようとダム下へ。

ダム下すぐには三沢川という支流が流れ込んでおりとその流れとダム脇を勢いよく流れる魚道の払い出しがぶつかり、その間にはストラクチャーとなるテトラが入るいわゆる絶好のポイント。

ただしテトラは頭が斜めのテトラで足場が悪く釣り人は少ない。

私はテトラ上ではなくやや危険ではあるが魚道の払い出し部の堤防にジャンプで渡り魚道の流心を打てる場所へ移動。

夕マズメに一級ポイントの独り占めに成功☆

足場と流れの方向を確認し魚道の払い出しへミノー(K-TEN「M」11センチ)をロングキャスト。こぎみよくトゥイッチを加えていく。開始から数分後、5・6投目に払い出しの左側の巻き返しにルアーが入ったところでガツガツと明らかに魚の反応。とっさにアワせるとしっかり乗った。直後にジャンプしたのでナイスサイズのバスかと思ったが上がってきたのは手寸60センチちょうどくらいのナマズ。なかなかのヒキを味併せてくれました。

CA3A0591-0001001.jpg

ほとんど無欲でキャストしていたので思わぬ釣果にビックリニッコリでありました♪

20090418213854.jpg

その後真っ暗になってしまい河原にいるのがなんだか怖くなってきたので引き上げました。

キャスト精度に併せ、暗くなる前にもミノーでナマズが釣れるのだと勉強になった1日でした☆



ってなメールをいただきました

いやー素晴らしい やっぱあんたやるね大したもんだ

今度ご教授お願いいたします


takashina嫌なこと忘れられたかなー・・・
| - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimu4646.jugem.jp/trackback/118
トラックバック